PRISM BioLab

English
“PRISM” の創薬技術

創薬ベンチャー(株)PRISM BioLab(PRISM)は、“ゆらぐα-ヘリックス”が関わるタンパク質/タンパク質相互作用(Protein-Protein Interaction (PPI))を制御することで創薬の新しい世界の1つが拓けると提唱しています。この概念に基づいて作製したPRISM 化合物ライブラリーから、Wnt パスウエイのスイッチに働く化合物PRI-724を開発し、その臨床試験をがん分野および線維症分野で進めています。他にも幾つかの医薬品候補化合物がPRISM 化合物ライブラリーから創製されてきました。 PRISMは、このハイコンテント・スクリーニングにも適したPPI制御に特化したヘリックス模倣低分子化合物ライブラリー:PRISMライブラリー(分子量:約550、約13,000化合物)を提供するサービスを開始します。また、SBDDとして、特定のヘリックスに対応した模倣化合物の設計・提供もいたします。